informatica-logo

最新データアーキテクチャのエキスパートになる

最新ガイド:Modern Data Architectures for Dummies Guide(誰でもわかる最新データアーキテクチャ)

最新データアーキテクチャを最大限に活用する準備はできていますか?通常、最新のデータアーキテクチャを活用するための第一歩は、データの一部または全部をオンプレミスからクラウドに移行することです。

 クラウドへ移行することによりコストを削減できるだけでなく、データのサイロを解消し、創造的な環境でデータを連携させることができます。クラウドとハイブリッドを活用したモダナイゼーションにより、データファブリック、データメッシュ、人工知能(AI)、ワークフロー自動化などの最新アーキテクチャを利用できます。

ITリーダーには、データ主導のトランスフォーメーションを推進し、最新データアーキテクチャの目的と目標を明確に定めることが求められています。

『Modern Data Architectures for Dummies(誰でもわかる最新データアーキテクチャ)』ガイドを、貴社の最新データアーキテクチャづくりにお役立てください。本レポートの具体的な内容は次のとおりです。

  • 最新データアーキテクチャの内容、機能、主なメリット、新しいトレンド
  • クラウドへの移行が企業に必須の理由とクラウドベースデータとハイブリッドデータを最大活用する方法
  • 3種類の最新データアーキテクチャ:最新データスタック(MDS)、データファブリック、データメッシュの概要
  • インフォマティカのIntelligent Data Management Cloudにより、アーキテクチャの種類に関係なくデータの価値を最大化する方法

ガイドブックはこちら

TechResources by Energize Marketing | Privacy Policy