informatica-logo

トップのCDOが2023年のデータ戦略の優先事項にデータマネジメントとデータガバナンスを挙げる理由

インフォマティカ、CDOの最新インサイトを発表:2023年調査

 

調査によると、世界のCDOとCDAOの68%が、2023年のデータ戦略の一環として、データマネジメントを優先事項に挙げています。1

貴社の優先事項は?

景気後退の兆候を受け、企業は今年、レジリエンス(回復力)と成功を両立させる方法を模索しています。明敏なデータリーダーは、データの複雑さを軽減し、明確な業務上の成果、すなわち顧客体験の向上、サプライチェーンの最適化、俊敏性と業務効率の向上を実現する、データ戦略イニシアチブで対応しています。

これらの目標を達成するための優先事項とされているのが、データマネジメントとデータガバナンスです。その理由について知るために、世界の優秀なデータリーダー600人を対象に、現在および将来のデータ戦略の優先事項について調査を実施しました。

『CDOインサイト2023:データ主導でビジネスのレジリエンスを高める方法』をでは、その背景となっている理由を知ることができます。

  • データリーダーの68%が、データマネジメントを最優先事項の1つと認識
  • 32%がデータ環境を十分に把握できていないことが成功を妨げる要因となっていると回答
  • 55%が1,000以上のデータソースを管理していると回答
  • 91%がデータソースの増加を予測
  • 52%がデータガバナンスと関連プロセスの改善が重要な懸念事項であると回答

 

1.『CDO Insights 2023: How to Empower Data-Led Business Resiliency,』、Wakefield Research社、2023年1月

調査結果はこちら

TechResources by Energize Marketing | Privacy Policy